Thai Cooking Classes of Megumi Nagasawa / Megumi Nagasawa

長らく外食生活が続いていたのだが、最近は自宅でゆっくりする時間ができたので、白米を食べるようになった。ただ、昔から白米だけで食べるのが苦手なので、「おとなのふりかけ」や「ごはんですよ」をお供にと考えて近所のスーパーを物色していたのだが、ふと、自分はいつからこんなオーソドックスでつまらない人間になってしまったのだろうかという想いに駆られ、一旦、スーパーは退いた。そういえば、無印良品のレトルトカレー、ラインナップが豊富で人気だと聞いたことがあると思い出して、早速、無印良品まで買いに行ってみた。CDのジャケ買いではないが、パッケージと名前から、「グリーンカレー」をまず試すことにした。

おいしい。あ、辛い。おいしい。辛い。辛い辛い。おいしい。辛い辛い辛い。おいしい。辛い辛い辛い辛い。辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い!!!!!!!!!!!!

え? え? 私は私の口の中の舌のすべてが信じられなくなっていた。え? え? なにこれ? ちょー辛いんですけど。ちょー辛いんですけど。ちょー辛いんですけど! 日本人向けのカレーとは思えないこの辛さ。国内にこんな辛さの需要があるものか。私は外国人向け(主にインド)のカレーを間違えて買ってしまったのだと思い、すぐさまこのグリーンカレーについて、マーケットの反応を調査してみた。

・ひぇ~~~
・辛っ!
・家族は自分以外に誰も食べられない
・他のレトルトに比べると相当辛い
・辛いもの好きには堪らない
・食欲をそそる辛さ
・辛さの中に確かな旨さがある、後引く旨さ
・唐辛子マークが5つで一番辛い表示だが大したことない
・更にハバネロ唐辛子を追加しても全く問題ないレベル
・この辛さで男性に人気がある

思い掛けぬ人気の高さ。辛い、もうダメ、という人より、旨い、また食べたい、病み付きになる、という人の方が多かった。これには驚いた。後日、無印良品でレトルトカレーの売上ランキングが貼られていたので見たのだが、

一位 : バターチキンカレー 
二位 : グリーンカレー
三位 : キーマカレー

という結果だった。グリーンカレーは、本当に人気のようである。この時にバターチキンカレーとキーマカレーを買ったのだが、それぞれとてもおいしかった。グリーンカレーの恐怖を味わっていたので、非常に優しいカレーに感じた。特に、バターチキンカレーはハヤシライスのよう柔らかさだ。

ところで、無印良品にはどれだけのレトルトカレーがあるのだろうか? この機会にすべて制覇したい。以下がレトルトカレーのラインナップだ。

バターチキン (唐辛子マーク:2)
マトン (唐辛子マーク:4)
タイ風冷やしカレー (唐辛子マーク:2)
キーマ (唐辛子マーク:3)
チキンクルマ (唐辛子マーク:2)
パラックチキン (唐辛子マーク:4)
チャナマサラ (唐辛子マーク:3)
グリーンカレー (唐辛子マーク:5)
イエローカレー (唐辛子マーク:3)
レッドカレー (唐辛子マーク:4)
マンゴーカレー (唐辛子マーク:2)
10種類の彩り野菜カレー (唐辛子マーク:1)
さつま芋を使ったベトナム風カレー (唐辛子マーク:2)
シンガポール風スープカレー (唐辛子マーク:4)

この唐辛子マークの存在に私は気が付いていなかった。上記にリンクした無印良品の各ページを見ていてもサムネイル画像を見ないと分からなかったり、記載が無かったり、なかなかの罠である。おかげで私はグリーンカレーを食べてから三日ほど、グリーンカレーによく似たものを催すことになったのだ・・・・・・。


[PR]
LINEスタンプ「ゴマッチョ」発売!!!
腹筋がキモい。ただただキモい。キモカワ? (30代・女・派遣)


(平成25年7月5日 アシベズヘア@ashibehair_m

The following two tabs change content below.